東京五輪マラソンかけMGCに町田の2選手が出場!応援イベントも

2020年に開かれる東京五輪マラソン競技代表をかけたレース、MGCに、町田市立金井小学校・中学校を卒業した2選手が出場。同市出身のアスリートが2人出場するということで、同市ではパブリックビューイング等応援イベントが開かれます。

公開日:2019/09/12 2,710 view

※2019/9/13更新

9月15日の『マラソングランドチャンピオンシップ 兼 東京2020 オリンピック日本代表選考競技会 兼 第103 回日本陸上競技選手権大会』につきまして、9月13日に関根花観さんの出場が見送りになりました。



2020年に開かれる東京五輪マラソン競技代表をかけたレース、MGCに、町田市立金井小学校・中学校を卒業した2選手が出場。

同市出身のアスリートが2人出場するということで、同市ではパブリックビューイング等応援イベントが開かれます。

関根花観選手

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)とは


2020年開催の東京五輪のマラソン競技代表選手の選考会で、同大会のマラソンコースとほぼ同じコースを走ります。

大迫傑選手


大迫傑選手は2017年出場の福岡国際マラソンで、関根花観選手は2018年、フルマラソン初挑戦の名古屋ウィメンズマラソンで、それぞれ日本人1位となり出場権を獲得。

中学1年のころ


MGCでは男子31人、女子12人が競い、東京五輪代表に内定するのは2位まで。

3位でも出場可能性があります。

町田市子どもマラソン大会で優勝した野球少年時代

9月15日開催!応援いべんと


両選手を応援するイベント「MGCマラソングランドチャンピオンシップ町田マラソン応援イベント」が、町田市立競技場で9月15日に開かれます。

金井中学校体育祭で


午前8時開場で、男子のスタートは8時50分、女子は9時10分。

テレビ中継に合わせ、競技場内の大型ビジョンに様子を映し、声援を送るパブリックビューイングを実施。

みんなでつなぐタスキリレー


また、男子マラソンと同時に参加者がたすきをつなぎ、42.195キロメートルに挑戦する「みんなでつなぐタスキリレー」や、近隣高校のブラスバンドによる音楽応援も。雨天決行、入場無料。

町田市 オリンピック・パラリンピック等国際大会推進課
電話/042-724-4442

大迫傑選手の母、直恵さんよりコメント


「久しぶりに間近で応援できるのが嬉しい」という大迫選手の母親の直恵さん。

大迫選手が陸上を始めた中学時代は、仕事の傍ら、朝に練習後までの4食分を用意する等、食事や送迎等のサポートが楽しみでもあったそうです。

練習場所に付き合い、自分も目標タイムを決めて走っていたら、大迫選手が追い付いてきて「あと少し‼頑張れ」と励まされたこともいい思い出。

関わりのある人はもちろん、知らない人からも、いつも多くの応援を感じ「そんな傑がうらやましくもあり、親として嬉しく幸せです」と感謝の気持ちを伝えます。

トップに戻る