【八王子】水曜夜は『西八ベジ☆ナイト』へGO!―夜の農産物直売所

毎週水曜の夜8時から営業する農産物直売所『西八ベジ☆ナイト』。西八王子駅北口から徒歩2分の車販売店の店先で、八王子市内の生産者が新鮮な農産物を持ち寄り、直接販売。ジャズが静かに流れるおしゃれな雰囲気の中、近所の常連客や帰宅途中に立ち寄る客でにぎわっています。


毎週水曜の夜8時から営業する農産物直売所『西八ベジ☆ナイト』。

西八王子駅北口から徒歩2分の車販売店の店先で、八王子市内の生産者が新鮮な農産物を持ち寄り、直接販売。

ジャズが静かに流れるおしゃれな雰囲気の中、近所の常連客や帰宅途中に立ち寄る客でにぎわっています。

新鮮な野菜が所狭しと並ぶ

車と野菜のコラボ!?
生産者と話せる直売所 


『西八ベジ☆ナイト』は、農産物プロデューサーの廣本直樹さんが企画。

「お手本にしたのは、大阪・貝塚市で実施している野菜直売『ベジナイト』です。

夜に野菜を売るという意外性も面白いと思いましたし、生産者と消費者との直接的なつながりが、活気を生んでいて。

農産物を通じて街が元気になることに衝撃を受けたんです」と。 

常連さんとの会話も弾みます


地元・八王子でもベジナイトを開催したい……。

そんな廣本さんの思いを受け、運営サポートを引き受けたのは、40年来の友人で、自動車販売・アズーロ代表の藤原正之さん。

「地元農家や地域の活性化に貢献できれば」と、フードサービス部門を立ち上げました。

販売場所には、普段は展示車が置いてある店先の一部を提供。

HPやフェイスブックでの情報発信、クレジットカードやスイカ等でのIC決済の整備など運営をサポートしています。

「野菜の横にある展示車に話題が及ぶことも多く、販売につながったことも。

車関連の相談も増えました」と藤原さん。 


西八ベジ☆ナイトの魅力は、何と言っても生産者との会話。

「今が旬の空芯菜は、ゴマ油との相性が抜群。キノコと炒めるともっとおいしいですよ」

「白トウモロコシは、収穫したてだから、生で食べられるよ」など、

作り手だからこそわかる一番おいしい時期や、適した料理法を教えてくれるのも人気の秘訣です。 

二年目に突入
宅配もスタート 


2018年7月に始まった西八ベジ☆ナイトも、2年目に突入。

常連客も増え、「だいぶ地域に認知されるようになってきた」と廣本さん。

取り扱う野菜は、八王子市小比企町のアルッテファーム、中西ファームの野菜のほか、廣本さんが全国の生産者から取り寄せする“推し”の品も加わります。

「例えば、東京では一般向けの販売ルートがない“ものすごい野菜”にも出合えますよ」と。

左からアズーロの岩田悟至さん、藤原代表、廣本さん、フナキショーヘイさん(アルッテファーム)


販売日の野菜ラインナップは、アズーロのフェイスブックで案内しています。 

「夜に出歩けない小さなお子さんのいる家庭や、遠方の方のため、宅配『ベジナイト便』も始めました。

9月8日には、八王子禅東院で開催される八王子朝市に出張出店もします。

ぜひ、八王子の野菜を楽しんでください」。 

詳細は、アズーロのホームページへ

『西八ベジ☆ナイト』
日時/毎週水曜午後8時~
場所/自動車販売・アズーロ駐車場(東京都八王子市千人町3-1-7)
出品生産者/中西ファーム(小比企町)
      アルッテファーム(同)など

『八王子朝市』
日時/9月8日
場所/八王子禅東院(東京都八王子市本町17-1)

関連イベント

【北本】若手農業者が熱い思いと真心をこめて作る「北本イケメン野菜」

北本市埼玉県 おでかけニュースライフスタイル
公開日:2019/08/21
828 view

【八王子・あきる野】8月~9月のイベント情報まとめ

八王子市東京都 イベントおでかけ子育て・教育
公開日:2019/08/21
1,282 view
トップに戻る