【映像802(八王子)】動画編集に挑戦しよう―7月28日・8月25日に体験学習会

ビデオカメラだけでなく、携帯やスマホでも簡単に撮影できるようになり、一昔前よりもずっと身近になった動画映像。せっかくなら、ハイライトだけを残したり、音楽をつけたり、編集も楽しんでみませんか? 丁寧な手ほどきが評判のビデオクラブ『映像802』では、未経験者から経験者まで、一緒に楽しく学び、映像編集に挑戦しています。

旅の思い出、孫の成長記録…撮りっぱなしはもったいない!


ビデオカメラだけでなく、携帯やスマホでも簡単に撮影できるようになり、一昔前よりもずっと身近になった動画映像。

せっかくなら、ハイライトだけを残したり、音楽をつけたり、編集も楽しんでみませんか?

丁寧な手ほどきが評判のビデオクラブ『映像802』では、未経験者から経験者まで、一緒に楽しく学び、映像編集に挑戦しています。

会長の小野進さん(左)と事務局長の高橋陽さん

会員数40人超


撮りっぱなしの映像は、いずれ観なくなってしまうもの。

眠ったままになっている動画、きっと誰でも心当たりがあるはず。

「『旅先の映像をハイライトだけに編集したい』『孫の映像を成長記録ムービーにしてプレゼントしたい』など、編集に興味があったらぜひ、体験学習会にいらしてください」と話すのは、ビデオクラブ・映像802会長の小野進さん。

毎春の一般向け講習会は、満員の人気!編集の楽しさを知ってもらう講座です


「映像は、リアリティーと時間軸を共有することで、”共感”を生むことができる表現方法。

編集を加えることで、不要な部分がそぎ落とされ、より明確に表現できるのが魅力の一つです」と。 

2014年、映像が趣味の仲間20人程で立ち上げた会は、現在、会員数40人超。

60〜70代を中心に、八王子市内の市民センター等で行う例会、勉強会に加え、ミニ撮影会に出掛けたり、1泊2日の撮影旅行に行ったり、楽しみながら活動しています。

撮影会でお出掛け

面倒見の良さNO.1


編集に必要なパソコンのスペック(性能)や編集ソフトは、事務局長の高橋陽さんが手ほどきします。

「いくつかお薦めのソフトがありますが、各ソフトに応じてオリジナルのテキストを作っていますので、めきめき力がつきますよ。

スキル別の勉強会や、なんでも相談会で、ちょっとした疑問もすぐに解消できるようフォローをしています」。

勉強熱心な会員が多く、月1回の例会で実施する上映会には、20本前後の作品が提出されるそうです。

2018年度のビデオフェスタの様子


秋には会員作品映写会『ビデオフェスタ802』を開催予定。

北野市民センター8階のホールで、30本以上の会員の作品を上映。

毎年300人以上が来場する人気のイベントとなっており、出品のため、作品作りにも精が出ます。

2台撮りのススメ 


人物撮影のコツを聞くと、「お子さんやお孫さんの運動会や学芸会を撮る時には、アップだけではなく、全体を撮ることをお薦めします。

もしも可能なら2台用意して、1台をアップなど表情用、もう1台で全員を入れて撮るといいですよ。

この2つを編集して合わせると、さらにいい思い出になります」と高橋さん。


「今はシニア中心に活動していますが、今後は子育て世代の方々にもぜひ、会に参加してもらいたいです」と小野さん。

要望があれば、地域団体や介護施設などに出前映写会も実施。

自前の大型スクリーンと4K対応プロジェクターで、迫力の映像を上映してくれるそうです。

問い合わせは同会のホームページからメールで。

<体験学習会>
日時:7月28(日)、8月25(日) 午後1時~5時
会場:八王子市市民活動支援センター5階 交流スペース

<ビデオフェスタ802>
日時:10月27日(日) 午後0時半~入場無料
会場:八王子市北野市民センター8階 ホール

トップに戻る