児童向けノンフィクション作品で特別賞―町田市在住 国松俊英さん

東京都町田市の国松俊英さんが第2回児童文芸ノンフィクション文学賞特別賞を受賞しました。

ノンフィクションとは、事実に基づいて書いた作品のこと。

今年4月に町田市在住の児童文学作家、国松俊英さんが第2回児童文芸ノンフィクション文学賞特別賞を受賞。

同賞は日本児童文芸家協会が2017年に新設し、2年間で出版された優れた児童向けノンフィクション作品に贈られる賞です。

国松さんにこれまでの歩みを聞きました。

授賞式での国松さん

国松さんは宮沢賢治を愛読していたので、児童文学サークル募集記事を見て、1965年に入会。

会社勤めをしながら1975年に初作品「ホタルの町通信」、3年後には2作目「おかしな金曜日」を出版。

初めは童話や物語等フィクションを書いていました。

多忙を極めたため、会社員を辞め執筆に専念することに。 

ノンフィクションとの出合い


日本鳥類保護連盟の編集者から、月刊誌「私たちの自然」の掲載記事を依頼され、全国の野鳥や野生動物生息地の現状等を取材し、文章とイラストで紹介。

記事を目にした児童書編集者から声が掛かり、密猟者からオオタカを守った話を子供向けに書くことに。

栃木県を歩き回り、24時間監視でオオタカを守った人たちに話を聞いて、ノンフィクション「はばたけオオタカ」を出版。

その後、野鳥と自然、人物の記録等幅広いノンフィクション作品を発表しています。

児童文芸ノンフィクション文学賞


現地で取材したり、資料を調べたりすることが面白く、また子供は実際の出来事や実物の話が好きだということを体感した国松さん。

「地味と敬遠されがちなノンフィクションの面白さを知ってほしい」と考えるようになり、勉強会や新人育成のための講座の発起人となり、2017年には過去になかった研究解説書「ノンフィクション児童文学の力」を刊行。

自著「ノンフィクション児童文学の力」を手にする国松さん


これらの業績が評価され、今回の受賞に。

町田市に1989年から在住し「日本一のいじわるじいさん」等、町田が舞台の創作作品も書きました。

また「人間が生きるのに図書館はとても大切なもの」と、町田の図書館活動をすすめる会に参加し、市内図書館活動の向上にも力を注いでいます。

「今から、ナチュラリスト宮沢賢治の生きざまを描いた作品に取り組みます」と語ります。

トップに戻る