【八王子】7月20日「平和祈念・八王子とうろう流し」浅川河川敷で

第26回平和祈念・八王子とうろう流しが7月20日に八王子市役所前の鶴巻橋・河川敷広場で開催されます。
それぞれの思いや平和への願いを込めてとうろうを流す、浅川の夏の風物詩です。
 主催=平和祈念・八王子とうろう流し実行委員会

第26回平和祈念・八王子とうろう流しが7月20日に東京都八王子市役所前の鶴巻橋・河川敷広場で開催されます。

それぞれの思いや平和への願いを込めてとうろうを流す、浅川の夏の風物詩です。

夏の夜、とうろうに願いを込めて

八王子とうろう流しが始まったのは1994年。

この年は八王子大空襲で亡くなられた方々の五十回忌にあたり、戦争の記憶を風化させないこと、また二度と戦争の災厄を起こさないという誓いを込めて、八王子市仏教会を中心に平和祈念のとうろう流しが執り行われました。

以降、毎年7月に開催。

今では浅川の夏の風物詩として定着し、今年で26回目を迎える年中行事です。

会場では模擬店やよさこい等のステージも 

当日は午後3時から受け付けが始まり、6時15分からの記念式典後、とうろう流しを開始。

とうろう流しが始まるまでの間は、市内の各団体によるよさこいソーランや和太鼓のステージを楽しんだり、模擬店が多数出ているので飲食をしながら待っていられます。

とうろう流しが始まるまでの間、ステージイベントも

例年約3,000のとうろうを浅川に流す 

日が暮れて薄暗くなる頃、ろうそくに火がともされ、例年約3,000のとうろうを流します。

流している間、仏教会による平和を祈念する読経が続き厳かな雰囲気に。


静かな川面をさまざまな人たちの思いが込められたとうろうがゆっくりと流れる様子は幻想的で、心を癒してくれそうです。

ボーイスカウトや大学生もお手伝い 

今年も拓殖大学国際ボランティア愛好会が川床の整備やとうろうの組み立て、流しなど運営をお手伝い。

流したとうろうはボーイスカウトの子どもたちが下流で回収します。 


とうろうは事前に八王子市仏教会の各寺院(ホームページで確認)で申し込みができるほか、当日も参加料一灯1,000円で受け付けます。 

また会場内には、お盆飾り納め所(受け付け午後4時〜6時半)や、賞味期限が2カ月以上残っている食品の寄付を集めるフードリサイクルの専用ブースも設置。 


「生きる者には『活力』を、逝きし者には『やすらぎ』をという願いを元にとうろう流しが行われ、ご先祖の供養や平和への願いを込めて毎年多くの参加者が訪れます。

浅川の河川敷に夕涼みを兼ねてぜひご来場ください」と実行委員会事務局の大石貴弘さん。

「お盆の行事の一つとして夕涼みがてらお出かけください」と大石さん

第26回平和祈念・八王子とうろう流し
2019年7月20日(土)午後3時~8時終了予定
午後3時半~ オープニングイベント「よさこいソーランと和太鼓」
午後6時15分~記念式典
午後6時半~ とうろう流し・法要、おわら踊り

問合せ/実行委員会事務局
電話/080-4206-3330(大石さん)

イベント情報

イベント名平和祈念・八王子とうろう流し
開催日 2019/07/20(土)
住所 浅川河川敷
料金一灯1,000円
トップに戻る