【6月16日は和菓子の日】八王子で購入できる”和菓子・和ギフト”を紹介

6月16日は「和菓子の日」。旧暦の6月16日に行われていた「嘉祥( かじょう) 」といういにしえの行事にちなみ、1979年に全国和菓子協会が定めた日です。季節の移ろいを映し出す和菓子に親しみ、ゆったり味わってみませんか。

6月16日は「和菓子の日」。

旧暦の6月16日に行われていた「嘉祥( かじょう) 」といういにしえの行事にちなみ、1979年に全国和菓子協会が定めた日です。

季節の移ろいを映し出す和菓子に親しみ、ゆったり味わってみませんか。

のど越し爽やかなくずまんじゅう

和菓子の日の由来


和菓子の日は、848年に時の天皇・仁明天皇が6月16日の16の数にちなんだ菓子や餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を願い「嘉祥」と改元したという歴史にちなみます。

「嘉祥」とは文字通り「めでたいしるし」。

室町時代から江戸時代にかけては「嘉祥の祝」と呼ばれる年中行事として、庶民の間でもこの日に菓子などを食べて健康招福を祈るようになりました。

明治時代まで行われていたこの習わしを現代に復活させたのが6月16日の「和菓子の日」です。

八王子の和菓子事情


1926年(大正15年)創業、八王子市横山町のもちとし代表・楢本康司さんに八王子の和菓子事情について聞きました。

―和菓子の日の特別な取り組みはありますか?


八王子和菓子組合では毎年、紅白まんじゅうをお配りしてきました。今年は特別に「令和」の文字を入れたあめを各店舗で用意しています。

6/16に八王子和菓子組合加盟店舗で配布(20袋限定)予定のあめ

―どんな和菓子が人気ですか? 


八王子では、こしあんよりも「つぶあん」が好まれ、食べ応えのある大きさも求められますね。

お遣い物というよりも、お知り合いに持っていき、一緒に召し上がる方が多いようです。

―初夏にかけてオススメの和菓子を教えてください 


水ようかんやくずまんじゅう、くず切りなどはいかがでしょう。

鮎をかたどった生地で求肥(ぎゅうひ)を挟んだ「若鮎」も初夏を代表する人気の和菓子の1つです。

若鮎

和のギフトも人気


店の一角でカラフルな布に包まれた和菓子セットを見つけました。

もちとしで見つけた、手ぬぐいに包まれた和菓子セット


これは八王子で作られている「桑都てぬぐい」を半分に切り、包みに利用した商品だそう(別途350円が必要)。

昨年秋に販売開始以来、八王子オリジナルの手ぬぐいとコラボした”和のギフト”としてじわじわと人気を集めています。

店頭には八王子市内の和菓子店とそば店を掲載した食べ歩きマップも

ハレの日もケの日も


いにしえより和菓子は子どもの成長には欠かせないものです。

かつては、お七夜には「鶴の子餅」、お食い初めには「紅白まんじゅう」などを配り、親族友人と祝う人も多くいました。


また、葬儀や法要の席でも「しのぶまんじゅう」などが用いられ、まさに和菓子は人生とともにあるといえます。

こうした節目の日はもちろん、日々の中でも和菓子に親しんでいきたいものです。

トップに戻る