【日野】明星大学貴重書コレクション展「ウィリアム・モリス」12月21日迄

ウィリアム・モリス(1834-1896年)は、19世紀のイギリスで活躍したデザイナー。産業革命によって急速に工業化が進んだ当時のイギリスは、大量生産された粗悪な日用品で溢れ、機械化により職人の手作業や熟練の技が失われていきました。

19世紀のイギリス、産業革命がもたらした大量生産・大量消費の時代に、職人の技や手仕事に美しさを見出したウィリアム・モリス。

デザイナーとして、彼が手掛けた美しい書物の数々が、明星大学の明星ギャラリーで展示されています。(入場無料)

ウィリアム・モリス(1834-1896年)は、19世紀のイギリスで活躍したデザイナー。

産業革命によって急速に工業化が進んだ当時のイギリスは、大量生産された粗悪な日用品で溢れ、機械化により職人の手作業や熟練の技が失われていきました。

モリスは、そんな時代を憂い、中世の手工業こそ理想とし、生活の中に芸術品を取り入れることを提唱。壁紙やテキスタイルなどのインテリア品に上質な装飾を施し、世に輩出。

後に「モダンデザインの父」と称され、世界の装飾芸術に影響を与えた人物です。


晩年、力を入れたのが芸術品としての本の出版。

私財を投じて印刷所を設立し、文字や挿絵、余白、装丁など細部にわたり美しさを求めたこだわりの書物を、53書目66巻出版しました。 

明星大学では、そのうちの65巻を所蔵。貴重書コレクション展として、2019年12月21日まで3期に分けて所蔵しているすべての貴重書を展示します。

世界三大美書『チョーサー著作集』を展示

中でも目を見張るのが、世界三大美書の一つの『チョーサー著作集』。

世界三大美書『チョーサー著作集』


その細やかな木版技術は息をのむほど美しく、当時の職人の技を身近に感じることができます。

モリスが出版した本は、手引き印刷機を使って印刷したのが特徴。当時使用されていたものと同型の活版印刷機『アルビオン』(ミズノプリテック株式会社所蔵)も展示しており、見どころの一つです。

手引き活版印刷機アルビオン

展示解説でさらに深く来場者プレゼントも

展示エリアは、壁紙やBGMもモリスに縁のあるもので統一。

オリジナルビデオ解説は一気にモリスの世界へと引き込まれます。予約をして学芸員による展示解説を受けると、さらに知識が深まります。 


来場者には『チョーサー著作集』より引用した文字が特徴のしおりやブックカバーをプレゼント。

来場者プレゼント


スタンプラリーも実施しており、3期分のスタンプを集めると記念品も。

「お散歩マップもご用意しています。コレクション展でモリスの世界に浸った後は、ぜひ緑に囲まれたキャンパスや学食を楽しんでいってください」と図書館事務室。

明星大学貴重書コレクション展
『ウィリアム・モリス』
―理想の書物を求めて―


第Ⅰ期 3月22日(金)~6月22日(土)
第Ⅱ期 6月28日(金)~9月21日(土)
第Ⅲ期 9月27日(金)~12月21日(土)

開館/午前9時~午後5時
休館日/日曜、祝日、大学行事日、臨時休館日
入場/無料・予約不要
住所/東京都日野市程久保2-1-1
会場/明星ギャラリー 明星大学資料図書館2階)
電話/042-591-5104
※開館日など詳細はHP
トップに戻る