日曜日は食べつくスープ!さいたま市食品ロス削減プロジェクト

さいたま市は食品ロス削減プロジェクトの一環で、一週間の残った生鮮食材をスープにして食べ切る「さいたまサンデースープ(Saitama Sunday Soup、日曜日は食べつくスープ!)」を新たなライフスタイルとして提案しています。

さいたま市は食品ロス削減プロジェクトを4月に始動し、その一環で、一週間の残った生鮮食材をスープにして食べ切る「さいたまサンデースープ(Saitama Sunday Soup、日曜日は食べつくスープ!)」を新たなライフスタイルとして提案しています。


同市では動画マーカー付きのリーフレットを作成、「おいしく減らす、食品ロス」をコンセプトに、スープ作家・有賀薫さんによる生鮮食材の買い方・冷蔵庫整理のコツや、余った食材で作るスープレシピ等を紹介。

レシピには新しい野菜を主役にして残り野菜で脇を固める「パプリカと残り野菜のミネストローネ」、これにショートパスタ等を加えて展開する「ショートパスタ入りミネストローネ」、大根の皮や葉を使った味噌汁等を掲載しています。 

リーフレットは公共施設等に設置し、以下よりダウンロードもできます。

▼ダウンロードはこちら
「日曜日は食べつくスープ!」パンフレット(圧縮版).pdf


未圧縮版のダウンロードや詳細はHPより。

問い合わせは、さいたま市環境局資源循環推進部資源循環政策課へ。

さいたま市環境局資源循環推進部資源循環政策課
電話/048-829-1338
トップに戻る