ムーミンの世界へようこそ!「ムーミンバレーパーク」 “観る・体験・探す・のんびり”楽しみ方いろいろ

飯能市宮沢湖畔に今春「ムーミンバレーパーク」が誕生。ムーミンの物語を追体験しながら、原作の世界観に浸ることができるテーマパークの魅力を、入園料1,500円で楽しめるスポットを中心に紹介します。 ©Moomin Characters™

飯能市宮沢湖畔に今春「ムーミンバレーパーク」が誕生。

ムーミンの物語を追体験しながら、原作の世界観に浸ることができるテーマパークの魅力を、入園料1,500円で楽しめるスポットを中心に紹介します。

宮沢湖畔に広がるムーミンの世界

3月16日に宮沢湖畔にオープンした「ムーミンバレーパーク」。

森と湖に囲まれた自然の中、ムーミンの物語を追体験しながら思い思いの時間を過ごし、その体験から生まれる“自分の物語”を紡いでいく次世代型テーマパークです。

「物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いに触れていただきながら、ムーミンの世界をお楽しみください」と担当者。

入園料金は中学生以上1,500円、4歳以上小学生以下1,000円。

冒険好きはここ!おさびし山「ヘムレンさんの遊園地」

パーク内は4エリアに分かれ、湖の上を滑空する「飛行おにのジップラインアドベンチャー」や「ムーミン屋敷」など有料アトラクションが人気ですが、入園料だけで楽しめるスポットが多彩なのも魅力。

中でも冒険好きにおすすめは「おさびし山」。


小説「ムーミン谷の仲間たち」より“しずかなのが好きなヘムレンさん”のストーリーをモチーフにした森の中のアスレチックスポットです。

子どもたちの冒険心をくすぐる大きなツリーハウス、チョークで自由に描ける自然の中の大きな黒板「きのこの黒板」などワクワクする楽しさ。

自然の中のアートスペース「きのこの黒板」

ベンチやハンモックもあり、大人は休憩や散策など、のんびり森林浴ができます。

ムーミンの奥深さとトーベの想いを知る「コケムス」

そして、じっくり観たいエリアが「KOKEMUS(コケムス)」。

ムーミンキャラクターや原作者トーベ・ヤンソンについて、楽しく知ることができる3階建ての展示施設があります。

左に見えるのがフィンランド語で「体 験」を意味する「コケムス」、右はムーミン谷エリアの「ムーミン屋敷」


暗がりから始まる3階フロアは、挿絵を立体的な演出で表現した体感型展示で、物語の世界に迷い込んだ感覚に。

ムーミン谷の自然を感じることができるほか、人気キャラクターと一緒に撮影もできます。

次に現れるのが、トーベが最初に出した絵本「それからどうなるの?」の立体展示。

「次はどうなるのかな」 トーベの絵本の世界を体感

絵本を朗読したトーベの声が流れ、次のページがちらりと見える想像力をかきたてる演出の中、絵本の世界を進んでいきます。

2階はムーミンの原作をテーマごとに展示した常設展「ムーミン谷のギャラリー」。

小説に出てくる言葉や挿絵、キャラクターの個性を通して、物語の奥深さを感じとることができます。

また企画展「ムーミンとトーベ・ヤンソン」ではトーベの芸術性やムーミンの原画展示など、トーベの想いを紹介しています。

ムーミン谷エリアのライブエンターテインメント「エンマの劇場」では、ムーミンの物語「たのしいムーミン一家」を1日3回上演
探してみよう!
パーク内にはキャラクターの言葉のプレートがはめこまれたベンチや、ムーミンたちの気配を感じさせるモニュメントなど、さりげない演出がいっぱい。パークを歩いて探すのも楽しみです。
ムーミンバレーパーク
住所/埼玉県飯能市宮沢327の6
オンラインチケット予約/「メッツァ」公式HP
問合せ/0570-001-630

トップに戻る