小惑星探査機「はやぶさ2」にかけた思い―JAXA 津田雄一さんインタビュー

2月に小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへのタッチダウンに成功したというニュースで、宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスが注目されています。「はやぶさ2」プロジェクトマネージャの、津田雄一さんにインタビューしました。

2019年2月に小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへのタッチダウンに成功したというニュースで、宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスが注目されています。

「はやぶさ2」プロジェクトマネージャの、津田雄一さんにインタビューしました。

JAXA宇宙航空研究所の管制室で仕事をする津田さん

JAXA宇宙科学研究所宇宙飛翔工学研究系准教授の津田さんは「はやぶさ2」プロジェクトのリーダーとしての責任を担いながら、技術者としても開発に深く関わってきました。

2010年から「はやぶさ2」プロジェクトのエンジニアとして開発を主導。

このミッションは「小惑星からの物質を実際に採取して帰還するまでが目的」で、津田さん自身も経験したことない挑戦がたくさん。科学的にも技術的にも大きな意義を持つことでもありました。


今回は「第一歩で、この先も成功しなければならない」との並々ならぬプレッシャーの中、決意を語る津田さん。

「実現した技術が人々を感動させ、次の世代にとって土台となっていくはず」と話します。

「はやぶさ2」のタペストリー横に立つ津田さん

学生時代は人力飛行機の製作に熱中

大学で航空宇宙工学を学び、学生時代にはテレビ番組「琵琶湖・鳥人間コンテスト」のイベントに参加し、人力飛行機の製作に熱中したというエピソードも。

自分が若いころに抱いた宇宙への夢を実現した今「はやぶさ2をきっかけに宇宙や科学の魅力を知ってもらう好奇心をかき立ててほしい」と子供達にメッセージを送ります。

宇宙科学探査交流棟に展示中の小惑星探査機「はやぶさ2」の模型

4月27日、津田さんが無料講演

宇宙科学に対する理解を深めてもらうため、2019年4月27日午後2時半から、相模女子大学グリーンホールで「宇宙科学講演と映画の会」が開催されます。

津田さんによる「はやぶさ2」に関する最新報告や、「はやぶさ」元プロジェクトマネージャの川口淳一郎さんを講師に迎えた講演があります。

また、午前10時半〜午後1時10分は、小・中学生対象の「宇宙学校・さがみはら」が開催され、研究者との質疑応答もあり。参加無料で、直接会場へ。

開催日:2019年4月27日(土)
場 所:相模原女子大学グリーンホール
参加費:無料
時 間:午前10時半~「宇宙学校さがみはら」小中学生対象
    午後2時半~「宇宙科学講演と映画の会」開催
トップに戻る