【町田】もう一度学びたい、大人の学習意欲を応援 ―まなびテラス

家庭の事情で学校に行けなかった人や、もう一度学び直したいという人のための場として町田市に開設。文字の読み書きや基礎学力を身に着けるために誰でも参加できます。

公開日:2019/01/09 388 view

2016年、不登校の子供に、学校外での多様な学びの機会を提供することを目的に「教育機会確保法」が成立しました。

家庭の事情で学校に行けなかった人や、もう一度学び直したいという人のための場として町田市に開設。

文字の読み書きや基礎学力を身に着けるために誰でも参加できます。

学びたい人に門戸を開放

町田市が、昨年夏からまちだ中央公民館6階で金曜午後6〜8時に開く参加無料の、まなびテラス。

不登校やひきこもりの生徒を含む若い世代の学習支援はもちろん、子供時代に勉強する機会を十分に得られなかった中高年の人等、広く“学び直し”をサポートしていくのが目的です。 

16歳以上なら基本的に誰でも参加可能で参加者は10〜70代とさまざま。

毎週7〜8人が通い、共に学んでいます。 

参加者が英語や数学等、自由に選んだ教材で指導を受けながら学びます

学習内容は算数や国語、簡単な英語等、参加者の希望に応じて教材をそろえます。

先生役の女性と一緒に、小学校の国語教科書を熱心に読んでいた70代の張琴蓮さんは、すでに10回以上は通っていて「毎週、皆さんと会って、勉強だけでなく、いろいろな話を聞くのが楽しみ」と話します。 


先生役も教職経験者や日本語ボランティア、看護師等多種多様で、各々が得意分野を活かし、ほぼマンツーマンで指導にあたっています。

「会社設立の夢をかなえたいが、官庁に提出する書類が難しくて書けないからと通う人もいます」と同テラスの発足準備にもかかわった元小学校教諭の紺屋冨雄さん。

「進路相談のために資料を集めたりすると、私自身の勉強にもなりますね」とも。 


「持参した作文や漢字、計算問題を採点してもらうことが多いようですね」と、町田市生涯学習センターの松田泰幸さん。

「文章力が上がり、感性あふれる作文を読んだりすると、学ぶことはいつでもできると実感」と話します。 


学ぶ者、教える者の区別なく、互いの知識や経験を共有しつつ、豊かな社会性を養っていく場です。

<申し込み・問い合わせ>
町田市生涯学習センター
電話 042-728-0071

お問い合わせ トップに戻る