【町田】11月1日は犬の日 ~愛犬の健康のケアは歯から

11月1日は、犬の鳴き声のワンワンワンにちなみ、ペットフード協会が1987年に「犬の日」として制定。犬についての知識を身に付け、犬をかわいがる日とされています。

公開日:2018/10/26 308 view

11月1日は、犬の鳴き声のワンワンワンにちなみ、ペットフード協会が1987年に「犬の日」として制定。犬についての知識を身に付け、犬をかわいがる日とされています。犬を家族のように大切にする愛犬家が増える中、歯周病になる犬が1歳以上では9割に上るとも。そんな中、専門的な歯科治療に力を注ぐ動物病院が開院しました。

清潔な診察室で歯ブラシの使い方を飼い主に指導する三浦院長

「近所の優しい獣医さんでありたい」

「近所の優しい獣医さんでありたい」をコンセプトにした町田森野プリモ動物病院。同動物病院グループは、神奈川県を中心に7院を展開しています。「待ち時間が長い」という飼い主の困り事を解消すべく会員予約制システムをとり、診療時間も、しっかりと症状を聞き、診察を行うのが特徴です。

三浦貴裕院長は日常のケアで愛犬の健康を保つことが重要と考え、歯科口腔外科に力を注ぎます。歯が悪くなると麻酔をして抜くケースが多くありましたが、同院では、できるだけ歯を残すことを考えて治療を行います。歯周病の予防は「普段からの歯磨きが大切」と三浦院長は話します。歯磨きが嫌いな犬が多いので、まずは指でさわる、シートで拭く、歯ブラシを使うとステップアップしていきます。3年に1回くらいは歯垢・歯石を取り除くスケーリングを勧めます。「子犬の時から3、4日に1回くらいケアするしつけが大切。飼い主があせると、嫌がるので気を付けて」とも。

最新の機材を整えた清潔な院内では犬、猫、小動物を対象に、一般診療、予防接種、健康診断の他、歯科口腔外科に対応。ターミナルケアが大切と考える三浦院長は「生まれてから最後までを診ることができる動物病院をスタッフ一同で目指したい」とも話します。

レントゲン写真を見ながら模型を使って分かりやすく歯の状態を説明

子供向け獣医体験イベント開催

11月3日午後2〜3時に小学生対象の「Future Vets Program(獣医さんのお仕事体験)」を実施。院内と併設のトリミングサロンの案内後、動物の身体検査や聴診器を使っての触れ合いと、鶏肉を使用した模擬手術で切開、縫合体験を行います。修了式では未来のどうぶつのお医者さん認定書と聴診器をプレゼント。写真撮影会もあります。参加無料で先着6人。申し込みは同病院へ。

町田森野プリモ動物病院
電/042-851-7211
住/町田市森野6-28-1
営/午前9時〜午後1時、午後4時〜午後7時(土曜休診)

獣医体験イベント申込も同電話番号へ

お問い合わせ トップに戻る