八王子ハーモニカ

優しく懐かしい音色に癒されるハーモニカ

優しい音色に魅せられて最近ハーモニカを始める人が増えているそう。

公開日:2018/10/26 441 view

優しい音色に魅せられて最近ハーモニカを始める人が増えているそう。30年以上、日野市内の3つのサークルで指導している日本ハーモニカ芸術協会の師範、細谷行子さんに魅力を聞きました。

実力派ぞろいのかわせみハーモニカ・アカデミーの皆さん

ハーモニカの魅力

ハーモニカの魅力は何と言ってもその音色。楽器内部のリードの微妙なビブラートによって豊かな響きが生まれます。そして童謡からポップス、映画音楽などジャンルを問わず演奏できる楽器だという事も魅力です。持ち運びが楽なので海や山へ持って行き吹く人も。いつでもどこでも気の向くままに演奏できることも人気の一つと言えそうです。

上:和音でリズムを刻むコードハーモニカ
中央:低音で吹音のみのバスハーモニカ
下:一般的なハーモニカ

市内で活動するグループ

日野市中央公民館でわかばハーモニカ・アカデミーとかわせみハーモニカ・アカデミーの練習を見学しました。一カ月後の発表会に向けて練習に熱が入ります。独奏は細谷さんにアドバイスをもらいながら個々に練習を行います。初心者でも丁寧に教えてくれるのでわかりやすいと好評です。皆で力を合わせて演奏する合奏では、サイドギターのように和音でリズムを刻むコードハーモニカや低音で吹音のみのバスハーモニカも使用していました。それぞれの音が一緒に奏でると独奏とは違う表情豊かな音色となりました。しばらく聞いているとほっこりした気分に。癒されました。

楽譜が読めなくても

日本ハーモニカ芸術協会・師範の細谷行子さん(左)のレッスンを受ける、
わかばハーモニカ・アカデミーの小名木幹郎さん

わかばハーモニカ・アカデミー代表の小名木幹郎さんはハーモニカを始めて6年。「もともと音楽が好きだったのですが楽譜が読めないので自分で演奏することは諦めていたのです。しかし、楽譜が読めなくても演奏できることを知り始めました。毎回ここでの練習を録音して、自宅でも同じように練習しています。ハーモニカは音楽の素晴らしさを教えてくれました。1人でもいいですが仲間と一緒だとより楽しいですね」と話してくれました。 優しい音色のハーモニカの演奏を聞いたら懐かしい気持ちになれるかも。

第28回
オール日野ハーモニカ・アカデミー
合同発表会
日野市立新町交流センター(日野市新町1-13)
10月28日 午後1時 入場無料
問合せ:小名木さん(電042・665・9322)

トップに戻る