立川防災航空祭へ行こう!

大規模災害発生時に広域防災基地として機能する立川駐屯地(立川市緑町5)。普段は入ることができない駐屯地内を一般 […]

公開日:2018/09/28 1,373 view
大規模災害発生時に広域防災基地として機能する立川駐屯地(立川市緑町5)。普段は入ることができない駐屯地内を一般開放する立川防災航空祭は、毎年多くの見物客が来場する人気イベントです。

立川防災航空祭へ行こう!9月29日に開催陸上自衛隊 立川駐屯地

 

「災害救助活動展示」では災害発生時の救助活動を実演

 立川防災航空祭では、陸上自衛隊のほか東京消防庁や警視庁のヘリコプターが一斉に飛び立つ編隊飛行や、ヘリコプターからパラシュートで地上へ舞い降りる空挺降下、災害時を想定した救助活動など、大迫力の訓練実演が見もの。地上展示では防災基地各機関の車両・航空機や防災装備品の展示、大型ヘリコプターCH―47の地上滑走(体験乗機)、米軍音楽隊の演奏なども実施されます。当日は多くの模擬店も出店し、航空ファンのみならず楽しめるイベントです。なお、大型ヘリコプターの体験乗機には整理券が必要です(午前9時から先着順に配布・小学生以上)。

 「今年も警視庁・東京消防庁などと連携し、防災航空祭を開催します。『災害救助活動展示』では、災害発生時の救助活動の一端をご覧いただけます。また『装備品展示』では、実際に見て触れて体感することができる展示が多数ございます。広域防災基地ならではの展示内容となっておりますので、ぜひご来場ください」と立川駐屯地広報室。 アクセスは立川駅北口またはモノレール立川北駅から正門まで徒歩約20分。路線バスの場合は立川駅北口1番乗り場から乗車、立川警察署で下車。駐車場はないので公共交通機関を利用してください。ペット入場不可。手荷物検査があります。 問い合わせは陸上自衛隊立川駐屯地広報室(電0 42・5 2 4・9 321)へ。

立川防災航空祭
9月29日(土)午前9時~午後3時(雨天決行)
10時~ オープニングセレモニー
10時半頃 編隊飛行上空通過
10時40分頃 空挺(パラシュート)降下
11時5分~ 災害救助活動展示
0時15分~  大型ヘリコプター地上滑走
0時半~ 米軍音楽隊演奏
※天候等により内容を変更する場合があります
トップに戻る