美しい景観で心穏やかなひととき

古き良き時代を感じる建物に日本庭園。素敵な景色を眺めてゆったり過ごせます。 明治時代に造られた200坪の日本庭 […]

公開日:2018/08/31 793 view
古き良き時代を感じる建物に日本庭園。素敵な景色を眺めてゆったり過ごせます。

明治時代に造られた200坪の日本庭園で四季を感じる 丹徳庭園

今年5月28 日から公開された「丹徳庭園」。ゆっくりと時間が流れ、街なかにあることを忘れてしまいそう

丹徳庭園(川越市六軒町1の8の2。電049・224・9115)は、小江戸川越に静かにたたずむ明治の香り残る200坪の日本庭園。四季折々の美しさを感じながら、くつろぎの時間を過ごせます。

丹徳の歴史は、初代鈴木徳次郎が修行していた材木商からのれんわけで譲り受け、明治2年に開いた「丹波屋」が始まり。枯山水庭園には初代徳次郎が明治31年に京都の伏見稲荷に参拝し、正一位稲荷大明神霊をいただいた「寿徳明神」が残されています。

抹茶体験も楽しみ

「120年間、家を守ってくれているお稲荷さんです。枯山水庭園は井戸から豊富に水があふれ、たくさんの財宝を積んだ宝船がもうすぐ岸に着くという縁起の良い絵姿のもの。ゆっくりご覧ください」と鈴木さん。入館料300円、小学生以下無料。日本の伝統文化を気軽に楽しめるように、抹茶体験も用意しています。和菓子付き600円。営業午前10時〜午後3時、火曜定休。

また、庭園2階の個室で1日1組限定のランチや同窓会、七五三のお祝い、法事などの貸切も。いずれも事前予約制。詳細は問い合わせを。

川越市指定文化財の 旧山崎家別邸でプロ ジェクションマッピング9月3〜9日

川越市指定文化財の旧山崎家別邸

旧山崎家別邸(川越市松江町2の7の8)は、川越の老舗菓子店「亀屋」の5代目・山崎嘉七の隠居所として大正14年に建てられました。1階外観は吹付けモルタル塗りで、階段などに取り付けられたステンドグラスの数々も見どころ。洋館と和館、土蔵が複合した和洋折衷のデザインで、川越市指定文化財・国登録記念物名勝地に指定されています。

プロジェクションマッピングで大正時代にタイムスリップ

その旧山崎家別邸で、9月3〜9日午後5時半〜8時半にプロジェクションマッピングが開催されます。時は大正時代。同別邸の中で育った女性の幸せな生涯をサクラ、花火や風鈴、紅葉、雪など四季の移り変わりを感じながら楽しめる映像が約3分間流れます。入場料一般100円、高校、大学生50円、中学生以下は無料。イベント期間に浴衣や着物などで来場した人は入場料無料で観覧できます。

問い合わせは、川越市産業観光部観光課(電049・224・5940)へ。

トップに戻る